着物買取の達人です。口コミで評判、おすすめの着物高価買い取り店を徹底検証しました。

高値で買取りできる着物の種類とは?高価買取のポイントとは?

着物買取をしてもらう際にどのような種類のものが高値になるかが気になるところであり、高価買取をしてもらって新しい着物を買いたいと思っている人が結構います。

この場合、高価買取かどうかを左右するのは1つの要素ではなく、複数の要素によって左右されることがわかります。着物に限らず、ファッションには流行が存在します。流行に乗ったものは手に入れたいと思う人は多く、需要も高まります。

需要が高まれば値段もそれなりに上がっていきます。こうしたことからも流行に乗ったものかどうかである程度値段の行方が決まることになります。

流行に乗りやすい着物というのは実はどの年代の人に対しても着やすいものが該当します。可愛らしい色では年配の人は避けてしまい、渋い色では若い人が敬遠するため、どちらの年代でもよく着る色が人気になっていきます。

柄に関してはそこまで年代別で差があるわけではないですが、それでも人気のものはあります。高価買取のポイントはオーソドックスな色で人気の柄かどうかになります。

着物の種類で言えば振袖は柄によって値段が変化しやすく、留袖は昔ながらのものに人気が集まるため、流行で代わりやすいのは振袖です。

細かく着物の種類を見ていくと、値段が高くなりやすいのは訪問着です。訪問着は年代に問わず着ることができるので、需要が高く格調の高い場所へ出かける際には訪問着を着ていくことになります。

一方、振袖は成人式のイメージが強いですが、未婚の女性、若い世代の女性が着用するものです。流行に左右されやすく、昔流行ったものではなかなか高値になりにくいことが言えます。

留袖は黒留袖と色留袖があり、黒留袖は結婚式で新郎新婦の母親などがよく着るイメージのものであり、色留袖は未婚の人でも着られる礼装です。

近年人気を集める紬は伝統工芸品の意味合いが強く、大島紬などは根強い人気を誇り、着物買取では優先順位が高い着物の1つです。留袖のように需要の根強さがあるのに対し、紬は美術品のような価値があるほど、意味合いが他のものとはやや異なります。

カジュアルな着物に色無地というのがありますが、この場合は値段がやや安くなります。フォーマルなものほど高くなるような感覚で覚えておくといいです。他にも帯などで値段が変化することがあるなど、小物全体を含めて買取を依頼する方がプラスです。

細かなところでは、生地はすべて絹でできた着物であること、サイズは仕立て直しを行えばだれでも着られるようなものが高価買取につながりやすく、ここに季節や今までに着用した回数などを加味して決まっていきます。

他には保存状態が万全であることや産地や品質を保証する証紙を確保しておくことが大事です。保存状態が悪ければいくらいい着物であっても高価買取のしようがなく、たとえすべて絹で出来ていたとしてもそれを証明するものがなければどうにもなりません。こうした細かなことをクリアしていくことで高値につながります。

あとは着物の価値を正確に判断できる業者にまずは査定を出してみることをおすすめします。単なる古着屋では着物の価値はわかってくれません。

着物買取を専門に行っている業者であれば正確な値段をつけてくれるはずです。たとえ古かったり品質で多少見劣りしたりしても、それなりの値段を提示して納得のいく額を出してくれます。小物があればそれを余すことなく全部出すというのも必要です。

訪問着が一番値段が付きやすいので、あまり着ない訪問着を持つ人はすぐに売りに出すことが大事です。そして、新たなものを購入したり、娘にぴったりな振袖を買ってあげたりすることで着物をより有効活用することができるようになります。

着物買い取りでおすすめの方法は?宅配買取・店頭買取・訪問買取の違い

着物を着ることで、きれいな姿を家族や友人、恋人などにみせることができるというのはいい思い出になります。

ですが、着る機会というのもめったにありません。祖母の遺品として残っている、母から譲り受けた、振袖など成人式で着ただけでその後、しまってあるだけなど理由はさまざまですが、着ることもなく箪笥の肥やしになっているケースも多いため、そのような場合には着物買取業者を利用して買取してもらうといいでしょう。

着物買取の方法として、宅配買取や店頭買取、訪問買取の3パターンがあります。

宅配買取の場合には、ショップ側が送ってくる段ボールに買い取って欲しい着物を詰めて送り返すだけです。手軽に利用でき、ショップまで持ち込む必要がないというのはメリットの一つです。ショップでは査定士が着物を査定します。

もう一つのメリットは、対応エリアが広いという点です。基本全国、宅配便の対応しているエリアならば利用できるため、地方に住んでいる場合などはこの買取方法が便利だといえます。

ただし、他の2パターンとは違い、買取代金が指定の口座への振り込みとなる点や宅配便を利用するためショップ側から段ボールが届き、ショップに送り返す必要がある点から、少し時間がかかるという点はデメリットといえるでしょう。

店頭買取では、自分で着物を持ち込み、ショップで査定士に査定をしてもらう方法です。メリットは、その場で査定してもらい、買取価格などがすぐにわかるため納得できる価格ならその場で現金支払いしてもらえる点です。宅配買取のような口座振り込みでないため、現金をその場で支払ってもらえる、そして時間があまりかからない点がメリットといえるでしょう。

デメリットとしては、お店に持ち込む必要がある点です。宅配買取や訪問買取ではお店に直接持っていく必要がないですが、店頭買取では買取してもらいたい着物を直接、持っていく必要があるためその手間がデメリットといえるでしょう。自宅からショップに持ち込むための移動時に着物を汚してしまう可能性もでてくるため、持ち込みをする際には注意して持ち込むように心がけることが大切です。

訪問買取の場合には、査定士が直接、自宅まで査定にきてくれます。メリットは、着物を送る、ショップまで運ぶ必要性がない点や査定を自宅で行ってくれるため買取価格などに納得しやすい点、現金でその場にて支払いしてもらえる点などです。

店頭買取のように、自分でショップまで足を運ぶ必要がなく着物に関してもショップに運ぶ必要がない点は大きなメリットといえるでしょう。査定士が直接来てくれるため、着物の査定もその場でスムーズに行ってくれる点もメリットといえます。

また、査定をしてもらい疑問がある場合などは質問なども気軽に行えるというのもメリットの一つです。店頭などでも質問などすることはできますが、自分以外にもお客さんがいる場合などはあまり長いする、質問で時間をとらせるというのは少し気がひけますが、自宅ならゆっくりと話しができるため、疑問や査定に関していろいろと聞いてみるというのもいいでしょう。

デメリットは、ショップによって対応エリアが存在するため、場所によっては訪問買取ができない可能性があります。都心などはたいてい対応エリア内にショップがある可能性は高いですが、地方などによっては対応エリア外になるケースもあるため、注意が必要です。

3つの買取方法がありますが、それぞれメリットやデメリットが存在します。自分がどの買取方法が都合よく、納得のいく方法かいろいろとメリット、デメリット双方をチェックしたうえで、一番納得のいく方法を選択してみるといいでしょう。

着物専門の買取業者(ネット買取)のメリット・デメリット

近年、着物買取の業者は店舗を構えるところよりもネットでの買取にシフトしており、そちらの方が増えている状況です。ネット買取であれば全国各地様々なところで利用をしても値段が変わらないので、地域差が無くなるのがポイントです。

地域の業者では適正な価格を本当につけているのか分からない部分もあります。なので、全国各地で査定をしているような業者の方が信頼度は高いということです。ネット買取のメリットはそれなりにある一方、反対にデメリットも見え隠れします。この2つをしっかりと知って臨む必要があります。

まずメリットですが、梱包キットに詰めて送るだけで査定をしてくれる点です。今までは着物を店舗まで持参してそれで査定をしてもらうのが普通でした。しかしこれだと、いくつかの業者に査定してもらう際に手間が異常にかかってしまいます。

その点、ネット買取であれば梱包キットが送られてきてそこに着物を詰めれば査定してくれます。業者によっては梱包キットの準備から発送にかかる費用などを含めて無料で行ってくれるところもあります。消費者にとっては大変ありがたいサービスであり、見逃すことのできない要素です。

実際の申し込み方法は、電話やネットで申し込みを行い、住所などを入力して梱包キットを送ってもらいます。あとは好きなタイミングで詰めれば大丈夫ですが、本当に必要なものだけを売るとか単にこの着物の値段を知りたいというような利用方法も可能です。

発送する際もわざわざ店舗に行って依頼をしなくても電話をかけて宅配業者にとりに来てもらうようなことでも問題ありません。家事やパートなどで忙しく、なかなか着物の処分に手が回らないような人でもこれなら簡単にネット買取を行うことができます。

他のメリットは業者が家に来なくても査定が行える点です。業者の中には出張買取サービスを行うところもあります。これにもいい部分はありますが、査定だけをお願いしたいので買取はまた別の機会にということが言い出しにくいケースがあったり、業者が何回も訪問してその後はどうなったかを尋ねたりすることがあるため、これが結構面倒です。

ネット買取ならば、査定だけお願いすることに躊躇がいらず、罪悪感というものも感じません。実はこの部分がネット買取が人気を集める要素とも言えます。

一方でデメリットですが、最終的に現金を手にするまでにそこそこ時間がかかることが挙げられます。梱包キットに詰めて発送し、実際に査定を受けてその査定額を知って現金化するまでに1週間程度かかる場合があり、ケースによってそれ以上の時間を要する場合があります。

急いでいる際には利用しにくく、計算が立ちにくいというのも気になる部分です。その点は店頭での買取や出張買取の方が優れています。売りたいものをすぐ売りたい場合には適さないというのがこの場合のデメリットであり、注意しておきたい部分です。

実際に利用する人の中には引っ越しをきっかけに処分したいという人もいます。その場合に時間を要するようなことは勘弁してほしいと思っている人も少なくありません。その場合には査定結果が早く届くようなところで依頼を出すことをおすすめします。

着物買取サービスを行う業者はネットに力を入れており、今後同じようなサービスを展開するところが増えます。その時に覚えておきたいのはまずは手数料の問題です。発送するのにお金がかかるのか、それとも現金化する際に手数料がとられるのかなど見るべき部分はいくつもあります。

高価買取をするようなところか、正しい値段をつけてくれるのかというのも気になる部分です。口コミなどからも判断してよりよいところを見つけるのが大切です。

着物買取って?

着物買取って?のイメージ

この部分はテーマオプション画面か、テーマカスタマイザーから変更する事が出来ます。

着物買取業者

着物買取業者のイメージ

BizVektorはサイトの色を変更出来るだけではなく、違うデザインに切り替える事が出来ます。

利用体験談

利用体験談のイメージ

子ページリスト用テンプレートや問い合わせへの誘導など、ビジネスに必須な様々な機能を備えています。

Blog

南風原花織黄八丈とは

沖縄県の南風原で織られる生地に「南風原花織」というものがあります。沖縄だけで栽培される琉球藍や福木、シャリンバ …

首里織とは

今から約500年ほど前の1500年頃、独立国として日本とはまた違った一つの文化を築いていた琉球王国では、東南ア …

本場筑前博多織とは

本場筑前博多織とは、日本三大織物のひとつで、もともとは福岡県の博多地区の特産とされる絹織物です。現在ではその産 …

芭蕉布とは

芭蕉布は沖縄の特産物で、イトバショウの葉鞘の繊維を用いて織られた布地のことです。沖縄県や奄美群島の特産品で薄く …

知花花織とは

知花花織とは18世紀より旧美里村知花、現沖縄市の登川地域などを中心に伝わった伝統織物です。知花花織はちばなはな …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.