塩沢紬や十日町絣に越後上布や小千谷縮など新潟県では様々な着物が昔から作られていて、京都などに次いでもこの地域では染織に関わる割合は多いです。白い糸を基本として様々な色に染めてから織る、手作りの着物が作られることが多く、質の良い麻布の越後麻布を越後では使用しています。山苧葉山に自生をしているものであり、以前が原料として使用をしていたものの、やがて越後麻布が身近になるようになると、畑で麻を栽培するようになったのです。

これが青苧でもあり、夏の素材としても麻布はオシャレな間隔がありますが、以前は白無地であり麻布は大変丈夫さも持ちます。そのため冬になると雪に覆われる寒い地方では、衣類に利用をするため年間を通して愛用されていたものです。雪国の冬は雪深く寒さも大変厳しいですから、麻布を使い重ね着をすると暖かいですし、刺し子をするなど工夫を加えて使われていました。麻布を上手にアレンジをして誕生をしたのが、広く愛される小千谷縮です。

起源としては江戸時代中期にまでさかのぼり、播州明石の浪人であった者が小千谷で白く美しい麻布を縮ませることにうまくいき、それがスタートと言われています。布が縮むのは糊を上手に使った方法であり、強い撚りを緯糸にかけて固定は糊で行い、織り上げたら用意をしていたぬるま湯を使い手もみをする方法です。温かいぬるま湯の中で糊は自然に消えていきますので、撚りが戻ることから布は無理なく縮みます。

新潟中越地震が発生をした時期に、小千谷地方は大きな被害を一時的に受けました。その影響を受けて織物づくりに関してもいったんは調子の状態になりましたが、その後は回復をしています。小千谷縮のすごいところは糸つくりから始まり、手織りも絣括りも大量生産の機械任せにはできないところであり、すべての工程は人間の手が頼りです。糸つくりとは苧績みの工程であり、柔らかさを出すためぬるま湯へ青苧をつけて、水気を取り除いてから口で銜えつつ、器用に指先と爪を使い割いていきます。

その細さは髪の毛ほどの繊細なものであり、唾液で最多糸を湿らせつつ、うまく指先を使い紡ぐ作業です。機械生産の衣類が大量に出回る現代において、こうした作業はまさに気が遠くなるような工程ですが、職人は地道にこうした作業に取り組みます。長年作業を行うとコツもつかんできますが、細い部分を撚り合わせて繋ぐようにすることです。糸に撚りをかけるのも特徴ですから、均一な糸の太さでなければ撚りが上手にかからないためコツを意識しての大変細かい作業です。

夏の時期には湿気がありませんので、糸は容赦なく切れてしまい繋げられず、乾燥を苦手とする青苧の性質を考慮しての作業をするためにも、時期は寒い冬場が苧績みには向いています。だからこそ越後の国の長い冬には、こうした作業が適していますし、地道にコツコツと仕立て作業ができるのも、こうしたことを昔からやっているおかげです。丁寧に績みを行った糸には撚りをかけて、それから絣括りや染色などもした上でようやく織りになります。

経糸を織機に掛けたら緯糸を通しますが、ここからも大変細かい作業の始まりであり、1本通すごとに絣を合わせて仕上がりの模様を美しく完成するために織り出すので、とにかく出来上がりまでには時間も必要です。居坐機は昔から使用されていますが、重要文化財としての小千谷縮はそれを使用して織られています。丁寧に時間をかけて織りあげたら湯もみの工程へ進みますが、これがやっと仕上がりのステップです。まだ糊が生地には付着をしていますので、手触りとしても柔軟さはありません。バリバリした状態ですが、湯もみを行うことでそれは解消されます。