辻が花とは、室町時代の中期から江戸時代初期にかけて製作された絞り染めの着物の呼び名の事です。基本となる絞り染めは、奈良時代から日本に伝統的に続く手法の一つです。布を結んだりくくったりして染める簡単なものから、絵の模様の輪郭に縫い絞って複数の色を染め分けていくものまで色々あります。
初めの頃は、麻の生地に簡単な模様を絞って染めていく単色の着物が多かったですが、次第に色毎に絞って、染めを何回も繰り返す事で、多色染めの着物になり、模様も複雑なものへと進展していき、さらには麻以外にも絹も染めるようになりました。
その後、技術はどんどん進化していき、巻き上げ絞りや竹皮絞り、桶絞りといった色々な技法が生まれます。巻き上げ絞りとは、色が入って欲しくない所を、ぐるぐる巻きにしてしまう事で、染めないようにするというものです。
竹皮絞りとは、竹皮を被せて、裏に木や紙の芯を入れることで染めないように出来る技法です。現在では竹皮ではなく、ビニールのほうが使い勝手が良いので、ビニールで行っています。
桶絞りは、染めたくない箇所を、桶に挟んで染まらないようする方法で、特に大きな染め分けする時に使われている技法です。
そして室町時代後期の安土桃山時代になると、多色絞り模様に金箔や銀箔の刺繍が施されるようになり、豪華な着物となっていきます。模様も藤やつつじといった花の他に、貝やウサギといった動物も表現されており、とても鮮やかなのが特徴です。
それまで少年や女性の着物として着られていた辻が花を、成人男性も着るようになり、戦国時代には武将の小袖や羽織として沢山作られるようになります。
辻が花という名称がはじめて文献上に出てくるのは15世紀の後半になってからです。豊臣秀吉が明国から使者がやって来た時に、帰る時の土産として渡したという記述がはっきりと残っています。
実際、上杉謙信や豊臣秀吉、徳川家康の遺品として残っていますし、武田信玄や織田信長の妹であるお市も身に着けている肖像画もある事から、当時多くの人が着ていた事がよく分かります。
しかし、友禅染が発達すると、次第に辻が花は存在意義が失われていき、自然と表舞台から消えていきました。
では具体的に辻が花はどのような製作工程があるのかというと、まず最初は糸入れです。描いた下絵に沿って生地を糸で縫っていきます。縫った所が色の境目になり、細かく縫えば縫うほど柄はきれいになります。
糸入れが出来たら、次は絞りです。巻き上げ絞りや、竹皮絞り、桶絞り等で絞っていきますが、特に大きな染め分けを行う時には桶絞りが有効です。模様や色の違いは、一本一本の糸を引っ張って絞る事で出来上がります。
絞りが済んだら、浸け染めを行います。絞った生地を染料液の中に浸けるのですが、この時の注意ポイントは、染める時間です。長時間浸けすぎると、せっかく絞った部分にまで染料が入ってしまいますし、逆に短すぎても生地がしっかりと染まりません。
違う色を染める度に絞り直して、繰り返し色をつけていきます。
こうして全ての色を染め終えたら糸を解くのですが、模様は実際に糸を解くまでどうなっているか分かりません。生地をきらないように糸を一本ずつ慎重に解いていきます。
糸を全て解き終わったら、生地の色を定着させる為に蒸します。ただ、天然染料や高温で染めた場合は蒸す必要はありません。生地を蒸したら、生地に残っている染料を水洗いして落としていきます。
きれいに染料を落とし終わったら湯のしをして縮んだ生地を元の状態に戻し、最後に墨描きを加えたら終了です。
このように辻が花で行う絞り染めは、絞りの圧力によって色を染め分けていく為、生地に立体感が残るのが大きな特徴です。