「黄八丈」とは八丈島に伝わる草木染の絹織物のことで、明るい黄色を主とした色合いが特徴的です。現在は伝統工芸品として国からの指定を受けています。島に自生する「八丈刈安」などの植物の煮汁で染色した糸を平織や綾織りにし、縞模様や格子模様に作り込む方法です。まれに無地の織物もありますが、地の黄色がムラになりやすいため正規品としてはほとんど市場に出ることはありません。

煮汁で染められた糸の色は黄色のほかに鳶色や黒などがありますが、鳶色が主体となった織物は「茶八丈」といわれ、黒色が主体となったものは「黒八丈」といわれ区別されています。ですが黒八丈に関しては同じ名称でほかの織物も存在しますので、混同しやすいためあまり使われることはありません。「黄八丈」というのは戦後になってからそういわれるようになったもので、それ以前は「八丈絹」とか「丹後」などといわれていたことが多かったようです。

基本的には八丈島が本場ですが、秋田県にも同じく草木を使った染め織物があり、こちらも同様の名前で呼ぶ人もすくなくありません。秋田では「ハマナス」などを主原料としており、区別するために秋田で作られる織物を「秋田黄八丈」、八丈島で作られる方を「本場黄八丈」と区別しており、さらに伊豆諸島では八丈島以外の三宅島でも特徴のある織物がつくられていて、こちらは「三宅丹後」という名称が一般的になっています。

八丈島はいにしえから都からの流人を多く受け入れていましたので、絹織物の技術はそうした人たちによってもたらされました。非常にすぐれた織物として当時から知られるところとなり、室町の時代から献上品として八丈の白紬がおさめられてきました。寛永年間になって、「タブノキ」の樹皮を使った鳶色の織物が作られるようになりましたが、これは八丈島では「マダミ」といわれる植物で、これによって染色技術が完成し、現在の織物につながったといわれています。本居宣長の書物「玉勝間」に八丈島の名前の由来について書かれている部分がありますが、そこにも八丈島の絹織物についても触れられています。

「黄八丈」の名前をよくしられるところとなったのは、江戸時代後期に演じられた浄瑠璃「恋娘昔八丈」であるという説が一般的です。これは白子屋お熊の入り婿殺人未遂事件をもとに脚本された浄瑠璃ですが、この中で八丈の織物の衣装がつかわれたことによって、知名度が上がり人気も高まったとされます。この中では確かにお熊は黄色の八丈織物を着て処刑に臨みましたが、実際には当時の状況から判断して黄色ではなく鳶色か黒であったのではないかとかんがえられます。

「黄八丈」でつかわれる植物の「八丈刈安」は、ほかの地方では「コブナグサ」といわれるイネ科の一年草になります。これは一般的には雑草あつかいにされていますが、他の植物と比べて、非常に美しく群を抜いてすばらしい黄金色を染め出すことができます。そのため八丈島では「八丈刈安」と命名し大切に栽培されていて、この命名の由来は八丈島本土で古くから黄色の染色につかわれていた「カリヤス」にちなんでいるようです。

この「八丈刈安」を用いて初秋になると糸を染めはじめ、ツバキなどの灰で灰汁付けといわれる媒染をおこなっていきます。また鳶色は「タブノキ」の樹皮を原料としており、何度も染め液につけては乾燥をくりかえし、濃い赤みを帯びた茶色に染め上げます。黒色の場合には、鉄媒染の泥染めをしますが、「スダジイ」の樹皮で染めた糸を用い、泥の中の鉄分とスダジイのタンニンを結合させることで黒色を作り出しているのです。ただし泥染めで黒を染めますと糸がもろくなりやすいですので古布はほとんど残っていないと報告されています。