最近アンティーク着物が人気になっていますが、これには諸説あって江戸末期から戦前の昭和初期の時代に仕立てられた着物を指しているようです。その時代の人たちが日常的に着ていたものが現在ではアンティーク着物として重宝されており、買い求める人が増加しています。それとよく区別されるのが昭和中期以降の戦後に仕立てられた着物であり、こちらはリサイクル着物と呼ばれて区別されているようです。この頃になると色や柄は現代のものと変わりませんので、現代着物と同じように扱われています。
昔ですから繊維は人工的なものが使用されていませんし、化学染料も使われていませんので、天然素材で作られているところが非常に大きな魅力です。見る人を惹きつける独特の雰囲気を持っており、骨董品のような美しさであると評されることもあります。デザインも現代の人が好むようなレトロなものが多いので、愛好家として集めている人も非常に多く、活発に取り引きされています。
興味は持っているが入手方法が分からないために購入できないという人も多いのですが、最近ではアンティーク着物の専門店も増えていますので、専門店に足を運ぶのが最善の方法です。取り扱われている種類や数も多いので、自分好みの着物が見つかるはずです。専門店が見つからないという場合には骨董市を利用するという方法もあり、必ずお目当てのものが入手できるわけではありませんが、可能性はありますので足を運んでみることをおすすめします。他にもネットショップで売られていることがありますので、インターネット上で売りに出しているところはないかをチェックするのも良い方法です。ネットショップならいつでも好きな時に購入できますのでもっとも便利ですし、そのショップをこまめに見ることで良い商品が出た時にタイミング良く購入できるというのもおすすめしたい理由です。値段はどの方法で入手してもそれほど大きな差はなく、状態によって決められていますので非常に質の良いアンティーク着物ならかなりの値がつきます。高いものなら数十万ほどする着物もありますので、高額すぎて手が出ないと思うようなレベルのものもたくさんあります。試しに着てみたいという程度の気持ちなら、最初から高額のものを購入するのではなくて手頃な価格帯のものを入手するのがおすすめであり、レンタルで試してみる人も多いようです。
実際に仕立てられた時代はかなり昔ですので、新品を購入する時のようにはいきません。劣化の具合が酷くて、近くでみるとかなり目立つものもあるということを覚えておきましょう。購入する時には表地の面だけを見て状態が良いなどと判断しがちですが、裏地が変色しやすいので裏地の状態もあわせてチェックすることが重要ですし、襟や袖部分のシミにも注意したいところです。このあたりはインターネットで購入する場合には確認が難しいので、近くに実店舗があるのなら実店舗に足を運んで購入した方が安心です。
もう一つ覚えておきたいのが昭和初期以前の日本人の体型が現代よりも小さめであるということであり、サイズが合わないことも多々あります。洋服のフリーサイズのように幅広い体型の人が着られそうにも思えますが、丈が足りなかったり袖が短いということがあり得ますので、サイズもきちんと確認しておきたいところです。
入手方法を知り、購入する際のチェックポイントさえ分かってしまえば、アンティーク着物自体はモダンな色柄や雰囲気が大変魅力的な着物ですので、着こなす楽しみができます。アンティーク着物を購入する場合には小物や帯などもアンティークで揃えると更に雰囲気が出て素敵な着こなしをすることが可能です。