袋帯とは、表だけでなく裏にも模様があり広幅の織機で織った丸帯をと簡略化したものです。模様のある表地と無地の裏地を合わせてて仕立てることで、軽くしなやかになり締めやすくなります。
日本の着物の歴史は長いですが袋帯は帯の中でも歴史は浅いです。丸帯は織りのしっかりとした生地に芯を入れるため重さもあり、締める方は大変で締めにくくなっています。帯を付けた姿は重厚で艶やかうえ、見えなくなる裏側にも柄が入っているので贅沢なものでした。戦中や戦後は、物資も少なく少しでも軽く締めやすさを追求しでできたのが袋帯です。丸帯の半分の幅の記事で、無地の別裏地をあてて仕立てることで価格を抑えて庶民でも購入しやすくなりました。
使用する場面は礼装や盛装として使うことが多いですが、おしゃれ着や成人式の振袖にも使用できます。違いが分かりにくい名古屋帯とも使用する場面が違います。袋帯は名古屋帯に比べて長いため、二重太鼓で締められるためおめでたい場面で結びます。喜びが何回あっても良い場面で、喜びが重なるようにという意味で着用します。
本来はフォーマルな帯として二重太鼓を作るのが一般的な使用方法です。合わせられる着物は、留袖や振袖、訪問着、色無地や江戸小紋などです。留袖などの礼服に合わせるときは、金糸や箔をふんだんに織り込んだものや吉祥文様で西陣織の帯が主流です。振袖に合わせるときは、礼服用でも振袖に向いている柄や質、締めやすい帯を選びます。留袖に比べて、色鮮やかで柄もかわいい印象などの帯を選ぶと着物と合います。締めやすいものを選ぶ理由は、変わり結びをするため柔らかくどのような形にも締めやすくするためです。箔の帯など締めにくいものを使用してしまうと、箔の折れが戻らないこともあるからです。訪問着は佐賀錦や唐織やつづれの帯を合わせます。格式を問わないおしゃれな帯でも大丈夫ですが、格式の高い帯を合わせると着物と合わなくなります。色無地や江戸小紋は準礼装用やおしゃれ帯を合わせます。帯芯は帯の種類によって変えます。昔は厚い帯芯でしたが、現在は薄くて良い芯があります。帯の生地がしっかりとしている場合は薄い帯芯で、生地に張りがない場合は少し厚めのものを入れて張りを持たせます。
袋帯の柄はさまざまなものがあります。種類は植物文様や自然文様、架空、風景、鳥獣、物語などがあります。植物文様は、日本では四季がありますので季節を表すものとして使用されたりします。1年中使用できるものとしては、季節がいつか限定しないような草花などもあります。正倉院文様は、奈良時代に最高の各種工芸品に表された文様です。日本の古典文様として最古に位置づけられ、格調高いものとして使用されます。架空の文様は、想像上で生み出された東洋独特の動物の柄です。鳳凰などは吉祥性があるので礼装に多用され、龍などが趣味的な文様として使用されます。有識文様は、平安時代以降に公家の服装などの装飾に使用された優美な様式を持つ文様の総称です。典雅な吉祥文様として礼装などに使用されます。使用する季節は選ばないので1年中着用できます。器物文様は、筆や巻物、陶器類などのあらゆる器物が文様されてものです。檜扇や御所車などの王朝風なものは晴れ着に着用し、道具尽くしや生活に密着したものはおしゃれ着に着用します。名物裂文様は、中国の明時代を中心に舶載された織物に見られる文様の総称です。主に茶道の世界で着用されてきたもので、それぞれの名称が付けられました、幾何学的な柄かた唐草調までさまざまありますが、格式のある文様でもあります。控えめな色や柄が多いので少し控えめな場面と着用します。