半幅帯は、はんはばおびと読み、和装において女性が使用する帯の一種です。別名、細帯、四寸帯といいます。由来は、袋帯や名古屋帯など8寸の帯幅が現在標準とされているのに対し、半幅帯の場合は元々が約半分の四寸の幅に仕立てられていることからとされています。基本的に公的な場では羽織、打掛の下など見えない部分で使用される略式の帯ですが、一般には浴衣、絣(かすり)、紬(つむぎ)などに合わせて使用されています。長さは約3m60cmですが、最近は浴衣ファッションのブームによりアレンジしやすいように長めにできているものも多くみられます。木綿や博多織などでしたてられていることが多いですが最近ではポリエステルのものも生産されリーズナブルに手に入れることもできるようになってきています。
半幅帯は縫い方によって、小袋帯と単衣帯に分けられます。小袋帯は、名の通り袋状になっていて、2枚の生地の端を縫い合わせて作られています。表生地と裏生地の柄が異なるため、どちら側を表にしても使用できます。また帯の結び方によって表情が変わるため、裏地をアクセントにしたりなど持っていると2倍楽しめます。浴衣だけでなく着物にも使えるので通年を通して使用できます。それに対し、単衣帯は一枚で仕立てられています。主に夏の普段着として浴衣などに使用できます。小袋帯に比べて約半分の薄さ、軽さの為軽やかな装いによく似合います。
用途としては浴衣だけでなく、成人式、卒業式などで女性が袴をはく場合に後姿を美しくするために一文字結びをし、その上から袴をのせたり、阿波踊りの女踊りの際は一般の浴衣とは異なり、襦、裾除け、手甲をつけ黒襦子の半幅帯を歌留多結びに結ぶことが多くみられます。また、民謡などの舞踊には華やかさを出すため、絵羽の浴衣に錦などで仕立てた半幅帯を結ぶことが多くみられます。民謡などの舞踊における使用は、あくまでも舞台芸術、舞台栄えを追及した結果であり、この例があるからといって半幅帯が「ハレ」の衣装として一般的に認識されたわけではないことは注意しなければなりません。
結び方も、もっとも簡単な蝶結び、伝統的な定番の文庫結び、簡単なのにかわいらしく見える花文庫結び、花文庫をアレンジした片花文庫結び、文庫結びの羽を垂らさないすっきりとした形の一文字結びなど多彩にあります。
蝶結びは浴衣の帯の結び方の中でも最も簡単で有名な結び方です。古典的な浴衣から現代的なデザインの浴衣までどんな浴衣にもあわせやすく初心者の方でも簡単に結べます。対象年齢は中高校生から30代までと幅広く結べる結び方です。文庫結びは、その歴史が古く江戸時代にさかのぼります。刃が二枚だけの大きなリボンというシンプルな形ながら凛としたふんいきをもっています。対象年齢は特にない為、どの年代の方も使用できます。花文庫結びは四枚の羽が作る大きなリボンが華やかな結び方です。羽のタレの一枚が色違いのアレンジもできるのでリバーシブルの帯をつかってもきれいに仕上がります。片花文庫結びは片方の羽が長く垂れたアシンメトリーな仕上がりが特徴です。一見難しそうに見えますが花文庫結びの垂れのたたみ方を少しアレンジしただけなので簡単に結ぶことができます。最後に一文字結びですが、文庫結びの羽を垂らさないすっきりとした形がきりっとしていてクールに見える結び方です。とても簡単で初心者でも気軽にできる上、型崩れしにくく、万が一型が崩れてもかんたんに修正できるので、人混みの中を浴衣で移動する場合などにはとても役に立ちます。基本古典柄の着物に合いますが、シンプルな帯の結び方なので現代風の浴衣のデザインや年齢を問わず合わせやすいです。