加賀友禅は今から約500年ほど前に、現在の石川県の南部地方にあった加賀の国で行われていた
染物の独特の技法の黒の無地染の梅染めがもとになっています。そしてその生地に模様が施される
ようになったのは17世紀中ごろになってからで、加賀御国染と呼ばれる兼房染や色絵や色絵紋が
使われるようになってから加賀友禅が生まれました。

1712年に京都で人気のあった扇絵師の宮崎友禅斎が金沢の御用紺屋棟取の太郎田屋に
身を寄せていたとき、独創的なデザインの模様を提案し、その優れた才能で友禅糊の技術を
定着させ、現在の加賀友禅への発展に貢献しました。その後、加賀百万石の武家文化の中で
さらに大きく進展しました。

加賀五彩と呼ばれる基本になる五色の色には臙脂・藍・黄土・草・古代紫があげられ、この色を基本
として着物に美しい自然の姿を描いていきます。その中でも紅や紫、緑系統の色を多く使用し、
写実的な草花や絵画風の絵柄を描くのが特徴的です。加賀百万石と歌われた浴衣かな前田家の文化の赴きに
反映されていて、その渋さにも武家の気品が備わっています。

外を濃く中心を淡い色で染める外ぼかし染を加賀友禅には取り入れています。外ぼかしは
柄の外側から内側へ向かってぼかすように染めていきます。中には三色ぼかしといい、
l木の葉の一部分が枯れていたり、紅葉しかかっていたりする様子を三色使って表現する技法を
取り入れる事もあります。また自然の中に生えている木の葉が虫に食べられる様子を柄として描く
虫食いなどの技法も取り入れて作り上げていきます。仕上げとして刺繍は施さずに、金箔や絞りを使います。

加賀友禅の工程は細かく分かれていて、そのすべてが手作業になります。図案作成から始まり、
仮仕立てを行います。また図案の上に白生地を重ねて、その下から灯りをあてて水に落ちやすい
露草の花の汁を用いて絵を写し取る下絵の工程があります。さらにもち米で作った糊を下絵に沿って
細かく絞り込む糊置きを行い、筆や刷毛を使って色をつけていく彩色を行います。下蒸しし、生地の方を
染める地染め、本蒸しを行って河川のきれいな水で糊や余分な染料を洗い落とす水洗いを行い、乾燥させ、
仕上げをします。

別の技法として、型紙を用いることなく、移し糊で染めていく板場友禅もあります。この工程も
細かく分かれて図案作成、型紙彫刻、白生地板貼り、色あわせ、型付け、伏せ糊、地染め、
本蒸しを行い、その後は手描き友禅と同じように河川のきれいな水で水洗いをして乾燥し、
仕上げをします。板場友禅は手描き友禅とはまた風合いを持っています。

加賀友禅は今現在は石川県の金沢市を中心として製造し、販売されています。これには作家が
作成したものとして、必ず作家の落款がしるされています。作家は加賀染振興協会に登録をしている技術者です。
作家になるためには工房を持つ師の下につき、7年以上の修行を積んで作家と呼ばれるのに相応しい技術を
習得し同協会の会員二名からの推薦を得る事で協会の会員の資格を得る事ができます。

また友禅として作られた着物には伝統的工芸品産業振興協会が発行した伝統証紙が貼ってあります。
この証紙には伝統工芸品であることを表示するために協会が発行した伝統マークがシンボルとして
描いてあります。産地の共同組合が経済大臣から認定を受けた検査方法に則って検査をして合格をした
伝統工芸品のみに貼る事が許されるものです。

さらに加賀染振興協会が発行している証紙を類似 品防止をはかり、品質保持を目的に着物と、
着物に関連下製品に貼り付けます。品物によって証紙の色やデザインの種類が異なります。友禅として
作られた着物は他の産地に先駆けて証紙のデザインも商標登録をしており、今現在では日本全国区で
認知されています。