近年では若い人たちの間で、日本古来の伝統的なファッションである着物に対する関心が高まっています。また、日本を訪れる外国の人たちの中にも、日本の着物に関心を寄せる人が少なくありません。ただ着物と一口に言っても、リーズナブルな価格で手に入るものもあれば、高い価格が付けられているものもあります。後者のものは若い人たちや外国から訪れた人たちには、なかなか手が届きにくいかも知れません。その着物の価格を左右する要素の一つが人気の高さで、特に染の着物の中で高い人気を誇っているのが京友禅の着物です。それらはかなりの高額で取引されることがあり、多くの着物愛好家の間で憧れの存在と言えるほどの存在となっています。京友禅とは京都府で作られる染織品のことです。着物などの布に染を施す技法には色々なものがありますが、中でも友禅染は代表的存在と言えるものです。さらに、その友禅染の中にもまた、加賀友禅や東京友禅といったようにいくつかの種類があるのですが、それらの中でも最も古い歴史を持っているのがこの京友禅です。その歴史が始まったのは元禄時代のことでした。それを考案したのは当時大きな人気を博していた、京都の祇園に住む扇絵師の宮崎友禅斎という人物だとされており、名前の由来にもなっています。彼は自分自身の扇絵のデザインを着物に生かすために、昔から京都に伝えられてきた伝統的な染めの技法を応用し、新たな技法を考え出しました。彼が考案した技法は、絹織物の布に上に絵画を描くように模様を付けて染めるという、現在の友禅染から考えるとシンプルとも言えるものものでした。その後、隣り合った模様と模様の間の色が混ざらないように、輪郭線の部分にのりを付けるという方法が考案されます。そのような工夫によって、まるで日本画のような色鮮やかな染めが実現出来るようになったのです。そのように絵画的な美しさを持った友禅染の着物は、江戸時代の町人文化の発展の中で、大きな人気を得るようになります。さらに明治時代に入ってからは、西洋から化学染料が伝えられたり、広瀬治助という人物が捺染の技法を応用し、型紙を使用して模様を染めるやり方を開発したりと、新たな変化が加えられていきました。ちなみに、昔名からの手で絵を描くやり方を手描き友禅、型紙を使用するやり方を型紙友禅と呼んで区別することがあります。一般的に高い価格で取引されるのは、前者の手描き友禅を用いた着物です。その手描き友禅の大きな特徴の一つとなっているのが、制作の行程の数が多いため、一般的にはそれらが分業制で行われているという点です。例えば、基本となる模様のデザインを施す下絵描き・下絵の輪郭にのりを引く糸目置き・模様に色を付けて行く色挿し・着物全体に色を付けて行く地染め・生地を蒸すことで色を定着させるために蒸しなど、基本的な工程だけでも何人もの職人の手を経ることになっています。そして、蒸しが終わった後にはのりなどの余分なものを洗い落とすために、水元と呼ばれる水洗いの工程が行われるのですが、昔はそれを鴨川などの川の水で行っていました。現在では川の水を汚染する恐れがあるなどの理由から、工場の中で行われることが多くなっています。さらに、京友禅が加賀友禅などと異なる特徴となっているのが、金彩加工や刺しゅうによって、より艶やかな美しさを持っているという点です。そのため、ただでも染めによって鮮やかになっている生地の上に、職人の手によってそういった手の込んだ行程が行なわれるのです。このように、京友禅の中でも手描き友禅は特に多くの手間をかけて作られているので、それだけ高い価格が付けられるのも仕方がないことだと言えるでしょう。