「紬」とは、蚕の繭から糸を取り出して、ひねりをかけて丈夫な糸に仕上げて織った絹織物のことです。織物の中でももっとも渋く深い味わいを持ち、世界一緻密な織物とも言われています。
紬は、江戸時代頃までは庶民の普段着として着用されていました。大変丈夫なので、親子何代にもわたり着用を続けていたと言われています。
大きく3種類に分類されており、最高級品とされるもので製作に1年ほどかかる幾何学的模様や伝統的な模様が多い「結城・大島」、カジュアルな格子柄や縞模様で普段着としてラフに着用できる「米沢・郡上・塩沢」、一色で染めた布地に一ツ紋を入れたもので年配の方が切る場面が多かったですが、最近では初心者でも着こなしやすいという理由で和解世代にも人気の「色無地」が挙げられます。これらのように全国各地で作られている着物です。結城は、奈良時代から続く高級織物で結城市や下妻市などで主に製作されており、軽くて柔らかくてふっくらした独特の風合いで結城を綴生み出す職人の技術は日本が誇る国の重要無形文化財にも指定されています。大島は、鹿児島の本土及び奄美大島で織られており、誰もが一度は耳にしたことがあるほど有名な織物です。光沢のあるしなやかな地風、緻密な模様の絣柄が特徴です。あまりに高価な着物なので若い人が着用することはあまりなく、普段着というよりはオシャレ着に近い感覚で着ます。
紬はパリッとしていて軽くとても着やすい着物として最近、注目を浴びています。着物の世界ではカジュアルといえども洋服に比べるとすべてシルクで作られたシックで高価な服用です。バッグや小物に気を遣えば高級レストランや料亭での食事でも充分に対応が可能です。しかし、正式なパーティーやお茶会などのフォーマルな場面では着用する着物ではないとされています。
紬の魅力がたくさんあり、小物使いによってガラッと印象も変わってきます。着物の色や柄選びのポイントはやはり好きな色柄を選ぶことです。特に決まり事はないので自分らしさを出せるものが良いです。また、カジュアルにも高級な雰囲気にすることもできるので、その場によって変えるなど幅が広いので大変魅力的です。最近ではもっと身近に感じて着てもらえるように簡単に洗えるようなものも出てきているので、初心者の方でも気軽に着ることが出来るようになりました。
紬は着る人の個性を存分に表現できる織物です。帯や小物のコーディネート次第でさまざまなオシャレを楽しむことができます。着物に組み合わせてコーディネートする帯は袋名古屋帯や京袋帯、金糸銀糸の入っていない帯、しゃれ味のある綴を締めることがおすすめです。どのタイプの帯もそれぞれの特徴がありますが、着物のイメージを存分に引き立てる帯が理想的と言えます。普段着として着たいのか、お出かけ用として街で着るのかどのような場面で着用するが重要となります。普段のお出かけの時は、あまり重厚な柄の袋帯を締めるよりもあっさりとした季節感のある柄を合わせて気軽に着ていくことがおすすめです。軽いパーティーなどの時は可愛らしい太鼓柄やウサギ柄を合わせてみるのも良いでしょう。帯にとどまらずに、帯揚げ、帯締め、バッグ、草履などの小物や長襦袢や半衿まで考えてお洒落を楽しむことがポイントです。
洋服でも自分を魅力的に見せることができますが、日本の歴史ある伝統的な紬の着物を、機会のある時にぜひ着てみることをおすすめします。洋服とはまた違った魅力に惹き込まれることは間違いないでしょう。和風の姿で街中を歩くだけで今まで気づかなかった歴史や伝統に気付いたり触れ合ったり、またゆったりした気持ちにさせてくれるはずです。