丸帯とは何かというと、女帯の一種で、華やかでとても重量のある帯の事です。帯の幅は約68センチ程あり、長さは約4~4メートル50センチの紋織りの生地を二つ折りにしてから芯を入れて、幅約30センチ程に仕立てたものです。長さは約4メートルと、現在主流の袋帯と比較するとかなり短いのが特徴として挙げられます。
身に着けるメリットは、もっとも格式が高い最上級の帯で裏がなく両面表地なので、どんな結び方をしても豪華な柄が必ず見えて非常にお洒落という点です。
一方デメリットは、まず重くて一人では中々結びにくいという点です。また価格も非常に高く、模様も豪華すぎるのでフォーマルな場所以外では目立ちすぎてしまい、あまり向いていません。
その為、結婚式で豪華な帯を身につけたい人や、フォーマルな場所で着物を着ていく機会が多い人以外はそれほど身に着ける機会は少ないです。
元々丸帯は、江戸時代中頃に誕生した女帯の一種で、戦前までは格式が最も高い礼装用の帯として広く使われていました。しかし戦後袋帯が出てくると、次第に廃れていき、現在では婚礼衣装や舞妓さんの衣装として使われるぐらいです。
特徴としては、見た目は袋帯とほとんど変わりません。しかし帯地の織り方と仕立て方が異なり、幅広の帯地を片縫い袋で仕立てします。幅広に織り上げた帯地を二つ折りにして、袋状になる形で帯を仕立てるので、完成すると現在の袋帯と違って両面共に同じ柄が入り、とても鮮やかな出来栄えです。
幅広で織り上げていくという事は、表も裏も関係なく両面共に表面になります。つまり袋帯が二つあるのと同じ事で、非常に豪華で鮮やかではありますが、その反面とても分厚くなり、重たいので結びにくいという欠点もあります。
丸帯は、現在主に花嫁衣裳に使われており、有職模様や吉祥模様等を、唐織や金襴、糸綿等で織り出したもので、とても鮮やかで豪華なものが多いです。
有職模様とは平安期の公家が身につける衣装の中でも、特に折りで表された模様の事で、非常に優美で洗練された様式で、改まった趣の着物や帯に使われます。
季節感も特別ないので、1年を通して使用出来る模様です。代表的なものとしては、水蒸気が立ち上がる様子を模様にした立涌や、正六角形の幾何学模様で、亀の甲羅に似ている事から名づけられた亀甲文、丸やひし形の中に2羽の蝶を向かい合わせてた向蝶文等が有名です。
吉祥模様とは、良い兆しやおめでたい印という意味を表した模様の総称を言います。代表的なものとしては、鶴や亀、松竹梅、宝船に鳳凰等縁起の良いものが多いです。
丸帯が生まれたのは江戸時代中期で戦争もなく、文化が幅広く発達し、おしゃれも盛んな時代でした。当然服装だけでなく、女性の髪形も次第に豪華なものへと変化していくと、普通の帯では目立たない事から、両面共に柄がある豪華絢爛な丸帯が生まれ、当時は大流行しました。
しかし時代が流れ、戦後になると軽装が流行りだします。一人では結ぶ事が難しく、誰かに結んでもらうものだった丸帯に対して、一人でも結ぶのが簡単な袋帯が世の中に出てくると、多くの人は一気に袋帯を使うようになります。
そして今では袋帯が主流となり、花嫁衣裳や舞妓さんが結ぶだけとなってしまいました。
もちろん今でも入手する事は出来ますが、非常に重たく締めづらい事から、一部のメーカーのみが生産しているだけでほとんど作られていないのが現状です。その為、アンティークショップ等でしか手に入れるのは難しく、一般的な呉服屋さんではほとんどのお店が取り扱っていないのが現状です。
それでもデザインが豪華絢爛で優れている事から、アンティーク帯として一定の人気はあります。