新潟県では塩沢産の織物が有名となっています。この塩沢と言う地では古来から織物が産出されており、古くは奈良時代に作られたとされる品が、正倉院に安置されているそうです。伝統的によく産出されていたのは麻織物なのですが、江戸時代にはこの技術を絹織物に加えることで新しい流れが誕生することになりました。これが塩沢紬のはじまりです。
塩沢紬は伝統工芸品に指定されている絹織物で、越後上布に用いられていた技術・技法を用いているのが特徴となります。越後上布自体は麻織物なのですが、これに使う麻を絹に変えたことで、独特の風合いが生まれたと言うわけです。
使用するのは絹の中でも希少性の高い玉糸となっています。玉糸と言うのは通常の絹とは違って、2匹の蚕が力を合わせて糸を生成するのが特徴となります。玉糸では節やムラが現れてくるのですが、あえてこれを使うことで独特の風合いが楽しめるわけです。なかでもこの織物では光沢が強くない玉糸を選ぶことで、仕上がりも燻し銀な大人らしい上質なものとなります。
この玉糸と真綿手紡糸を使って、手織りで作出するのが塩沢紬の製造方法となっています。絣模様は極めてきめ細やかで精緻を極めます。蚊絣や十字絣の他に亀甲絣の模様の製品も作られるようです。いずれの模様も上質さが感じられるもので、堅実で深みのある雰囲気が魅力です。華美で賑やかな織物とは異なる、和やかな落ち着きを楽しめる品と言えるでしょう。
先染めされた糸を使うので、織り上がったあとには染めの工程は入りません。色合いは濃紺や紫などの渋めのものが多いです。単色ではなくて柄物を織り上げることも可能で、バリエーションは豊富となっています。シンプルな縦筋などの他にも、精緻な模様があしらわれた生地も作出されており、質素なものからややきらびやかなものまで選んでいくことが可能です。
紬ですから他と同様に、ザラリとした手触りが特徴になりますが、この塩沢で作られるものはザラザラ感はやや控えめに感じるのが特徴と言われます。着心地も良くて使いやすいので、この製品を好んで使う方も見られます。
製品としては様々な形で購入することが可能となっています。着物や反物としてはもちろんのこと、作務衣や野袴なども作られているので、バリエーションはとても豊かです。現地では多数の工房があって、仕立てや着付けも行ってくれるお店もありますから、足を運んでみると良いでしょう。
近年は伝統的な品物だけではなく、現代的なアイテムも多数登場しており、普段の生活に利用しやすくなっているのも特徴となっています。バッグやポーチとして販売されている他にも、袱紗やモバイルケースなどのアイテムも見られます。塩沢紬を気軽に楽しむことが出来るようになっていますし、着物などを身につける機会が少ない若者にも、取り入れやすくなっていると言えるでしょう。何れにしても上質な仕上がりと高級感がありますので、目上の方へのプレゼントなどにも適性は高いと考えられます。
塩沢では他にも夏塩沢などの多数の織物が存在していますが、この塩沢紬とは異なる製品となりますので注意しましょう。バリエーションとして色々となるのではなく、それぞれに違った魅力と経歴があり、各々別の織物となっているようです。
塩沢紬の購入はオンラインショップも登場しているので、手軽に買い求めることも可能になりました。ちょっとしたカバンや小物などを取り寄せられるので、とても便利です。直に手触りを確かめてから購入したい方はもちろん現地に訪れるのが選択肢ですが、このように手軽な購入方法もあるので、プレゼントを探す際などには活用してみるのも悪くないでしょう。