留袖とはどのような着物かというと、昔と今では少し意味合いが違います。昔は振袖の長い袖の部分を短くカットして、脇下の開き部分を縫いとめた着物を呼んでいましたが、現代だと袖が短く、着物のすそ部分だけに模様が入った着物の事を呼んでいます。
元々着物を着る時は、まず素肌に直接肌襦袢を着てから、その上に長襦袢を着て、白い着物を身に着けてから最後に留袖を着るという重ね着が基本の形でした。
しかし着るものはなるべく減らしたほうが身軽になるし楽という事で、最近では襟や袖等、周囲から見える部分だけに白い生地を縫い付けて、重ね着しているようにみせる比翼仕立てが主流になっています。比翼仕立ては、着るのが楽で、それでいて重厚に見えるのがメリットです。
留袖には2種類あり、色が黒いものと黒以外のものがあります。これらはそれぞれ着る事が出来る人の立場が決まっています。
黒いものは、結婚式では新郎新婦の母親や祖母、叔母や姉妹といった近い親族が着る着物です。しかも結婚している人限定で、独身の人は着る事が出来ないので注意しましょう。この黒留袖は、既婚女性が着る着物の中では最も格式が高いです。
黒以外の色留袖は、新郎新婦の遠戚が選ぶ事が多い着物です。新郎新婦の親族で、既婚者だけどまだ若いから黒よりも少し明るい色味の着物を着たいという人には合っています。しかも昔は既婚女性しか着られませんでしたが、今では未婚の人が着ても問題ありません。
ただ留袖を選ぶ時には注意する事があります。それは紋の数です。紋とは家や個人、団体等を表す印の事で、着物では入っている数が多いほど格式は高くなり、着る人の立場も変わります。
紋には五つ紋や三つ紋、一つ紋があり、五つ紋は、背中や両袖、両胸に紋を入れる最も格式の高い礼装で、近い親族が着ます。三つ紋は、背中と両胸に紋を入れるもので、若い親族や遠戚が着ると良いです。一つ紋は背中に紋が一つ入ったもので、友人やゲストが主に身に着けます。
紋の数以外にも、結婚式で着る時にはマナーが色々あります。まず重要なのは色です。披露宴では花嫁が赤やオレンジ、金色といった華やかな色をよく和装で使いますので、ゲストはなるべく華やかな色を避け、柔らかで明るめの色を選びましょう。また白地の着物もマナー違反ではないですが、白は花嫁の色なので選んではいけません。
他にもアクセサリーは着物を着る時は髪飾りと結婚指輪以外は着けないのが基本です。色々おしゃれしたい気持ちは分かりますが、着物を着る場合はつけないのが正式です。
帯は、基本的には広く使われている袋帯を使うと良いです。結婚式では二重太鼓という結び方をするのが基本です。結び方を少しアレンジしてもお洒落ですが、格式の高い着物を着る場合は避けましょう。
また金や銀糸を沢山使っている帯を身につける場合も、アレンジした結び方をすると折り跡が残りやすいので止めておいた方が良いです。
バッグは、格式の高い着物を身につける場合は、白を選ぶと着物が映えますが、それほど格式が高くないものの場合は、淡い色のフォーマル用のバッグにすれば問題ありません。
振る舞いでもマナーはあります。歩く時は、なるべく内股で歩くと袖がはだけないで済みます。自動車に乗る時は、お尻から座るようにし、降りる時は足から先に下りるとはだけにくいです。
会場で椅子に座る時は浅く腰掛け、背もたれにもたれないようにすると帯が崩れなくなります。食事中は袖が汚れないように、片手を袖に添える事を心がけましょう。
このように色々マナーはありますが、慣れてしまえばそれほど大変ではありませんし、立ち振る舞いが美しいと着物姿もより見栄えが良くなります。