小紋は着物の種類の一つで、模様に大きな特徴があります。小紋は着物の表面に細かい模様が多く描かれていることからその名称がつけられています。また一つ一つの模様の描かれている方向にも、大きな特徴があります。訪問着などの公式な場でも着ることができる着物は、表面に描かれている模様も、顔のある方が上になるように描かれています。ですが小紋の場合には描かれている模様の方向には一定の決まりがないのが特徴です。そのために下方向に向けて模様が描かれていることもあれば、左右の方向を上にして模様が描かれているような場合もあります。このような理由があることから公式の場で着るものではなくて、普段着などとして着られている着物です。
同じ種類の着物でも、小紋にはさまざまな種類の染め方があり、染める方法によってそれぞれ名称も異なっています。更紗や紅型、しぼりなどそれぞれの染色方法にちなんだ名称がつけられているのが特徴です。その一方でこうした種類の着物は全国各地で作られていて、その中には地域の特産品となっているようなものもあります。特に全国的にも有名なものとして知られているのが江戸小紋です。これは江戸時代から作られてきた伝統的な着物であり、武士などを中心に着用されていた歴史を持っています。この種類の着物は現在でも広く作られていますが、昔ながらの伝統をしっかりと守って作られている種類のもののほかに、伝統にとらわれないで自由な感性で作られている新しいタイプのものもあります。どちらもそれぞれ魅力があり、現在でも多くの人に愛用されています。伝統的なタイプのものは、使用されている模様も、昔から使用されてきた種類のものを選んで描かれているのが特徴です。そのために落ち着いた雰囲気を持っているのも特色です。また使用されている素材にもこだわっていて、基本的には一つの色で染め上げた絹を使って着物が作られています。
江戸時代から広く着用されてきた理由としては、当時の政情なども大きく関係しています。江戸時代に大名が来ていた着物はその豪華さを互いに競い合っていましたが、このような風潮を好ましく思っていなかった当時の幕府は、大名が着る着物の柄に派手な模様をつけることを禁止しました。それでも当時の大名は見た目が華やかな着物を着ることを望んだために、生まれたのが、従来よりも着物の模様が細かいものです。着物の柄の一つ一つのデザインが細かいために、遠くから見た場合、ただの無地の着物に見えるのがポイントで、近くに寄ったらしっかりと一つ一つのデザインが見えるために、大名は競ってこの種の着物を作るようになりました。こうした傾向はさらに強くなっていって、次第にそれぞれの大名家で独自のデザインの着物が作られるようになりました。その中でも当時特に有名だったのが紀州徳川家の大名が着用していた着物のデザインです。紀州徳川家のものは着物の表面に鮫や行儀、角通しと呼ばれる種類の細かい模様を採用していたのが大きな特徴です。紀州徳川家のこの三種類のデザインの着物のことをまとめて三役と呼んでいます。その他に有名なものとしては、加賀の前田家の大名が着用していた着物につけられていた万筋と菊菱いうデザインの模様があります。九州地方の大名が着ていた着物にも有名なものがあり、薩摩の島津家で採用されていた大小あられや佐賀の鍋島家で採用されていた胡麻柄なども、当時から広く知られていました。
このように小紋の着物は江戸時代から大名に広く愛用されてきた歴史があるのですが、こうした種類の着物を着ていたのは武士に限りませんでした。武士の影響を受けた町人の中にもこうした柄の着物を着る者が多く現れ、使用されている模様も日常生活で使用されているものなど、庶民らしいものが描かれているのが特徴です。