上布とは、細い麻糸を平織りして出来る上等な麻布の事です。この麻布の模様は縞模様や絣模様が多くなっており、夏用和服に使用される事が多いです。大麻の晒は衣料として使うのに最適な柔らかさを持っており、苧麻の晒は麻の晒ほど柔らかくなりません。
中世から近世における三大麻布は奈良晒・越後縮・高宮布であり、江戸時代に入ってからも改良が重ねられていきました。しかし、江戸時代末期ではコピー品も出回るようになっており、その人気の高さが窺い知れます。様々な産地で作られており、新潟県越後地方や沖縄県宮古島、滋賀県湖東地方や奈良県、石川県が主な生産地です。
越後縮は重要無形文化財に指定されており、苧麻が原料です。早春に雪から蒸発した水分に、強い紫外線が当たってオゾンが発生して漂白する雪晒しを行って作っていきます。肌にべとつかない夏の衣料として普及しました。
宮古上布も重要無形文化財に指定されていて、手績みの苧麻糸から作られる錆色の織物です。特徴としては、甘藷で作った糊をつけて砧で打っていく事で、ロウのような光沢が出来る事でしょう。近江上布は、滋賀県湖東地方で生産されており、かつては近江商人によって日本各地に流通しました。古くには、高宮布や高宮細美などと呼ばれる事もありました。この布の仕上げは鈴鹿山脈から流れる豊富な湧水が使われています。麻だけで作られたり、苧麻の糸と麻の糸が組み合わせられたり、苧麻だけで作られたりというように使い分けされています。
奈良晒は、1979年に奈良県無形文化財に指定されており、越後青苧座の苧麻を精製して誕生し、発展してきた歴史があります。布の風合いは、天日干しや灰汁や白搗きで作られれ、岩島麻や苧麻を用いた麻糸で織るようになってきています。
能登上布は石川県無形文化財に指定されており、近江から技術者を招いて文政元年に能登縮が誕生しました。能登縮や阿部屋縮とも呼ばれていた事があり、昭和初期において全国一位の生産量を誇っていました。
越後縮以外はどのような糸が使われていたのかが分かりませんでしたが、奈良晒に関しては布に押す朱印の慣行がありましたので、江戸時代の資料によって特徴が次第に分かってきました。2000年頃には博物館での展示会が開催されました。江戸時代の文献には、高宮布や八講布の事が言及されていましたが、その特徴はなかなか解明が進みませんでした。江戸時代における近江上布に関する資料や印がありませんでした。1986年になって、滋賀県の能登川博物館に寄贈された1819年頃に書かれたとされる「切本帖」が高宮布の布見本帳である事が判明して、麻と苧麻を使い分けていた事が解明されていきました。柄の白糸を際立たせる為には、大麻では限度があるので苧麻を真っ白な糸にする事で実現し、使用されていた大麻の糸が未晒しから五分晒しでした。大麻の特徴を生かし作られており、近江特有の渋い色調の高宮縞や大麻で作られた「しろ高宮」が判明する事となりました。
産地によって使われている糸や製法が異なる上布は上品さを引き出し、現代においても着物や帯に使われています。素材の良さとそれぞれの仕上げ方次第で、落ち着いた雰囲気の和装に仕上げる事ができ、お出かけなどあらゆるシーンで和装を楽しめます。また、自然素材の風合いが日本の四季とマッチしており、季節に合わせて着られるのも利点です。特に夏に着るのが最適であり、和装を普段から行っている人々には上品に着るのに適しています。和を感じられる布であり、それで作られた物は正しく保存さえすれば、長く使い続けられます。日本の夏を和装で楽しむ為のアイテムであり、涼しさを感じられるでしょう。