日本を代表する着物はたくさんありますが、その中でも絹織物として知られている着物の中で有名なのが牛首紬と呼ばれているものです。この商品の特徴は、石川県白山市で生産されている着物になり寒い地方でつくられているため引き締まった繊細な見た目が特徴になります。なぜこのような所で着物は作られていたかといえば、やはり絹自体が手に入ったからでしょう。この着物の最大の特徴は、非常に頑丈なものです。洋服などは、釘が出っ張っているところにひっかかってしまうと破れてしまうのが普通になります。しかしながら、牛首紬の場合には生地がやぶけずくぎ自体が抜けてしまうともいわれているほど頑丈なつくりになっています。和服としても生産されていますが最近はスーツを着る人が増えていますので、そのネクタイの素材としても利用されているのがポイントです。例えば、地元のお土産として購入する場合やプレゼントなどで購入する人が多くなっており、高級品の一つとしても有名になっています。
この地方は昔から繭がつくられており、その繭玉から企業がとれるようになっています。日本国の伝統的な工芸品に指定されているのもポイントです。
牛首紬の歴史はどれぐらいあるかといえば、実に古く1000年以上前からあるとされています。平治の乱が起こった時に敗れた源氏が絹織りの技術を伝えたとされていますので平安時代の段階ですでに細々と着物を作る技術が発展してきました。現在でも伝統芸能として絹織りの着物がつくられていますが、数はそれほど多くなく高価なものとなっているのがポイントです。もともと絹でつくられているものは希少価値があり値段が高く設定されているのが魅力です。このため、昔ほど着用する人はいなくても牛首紬をぜひ着用したいと考えてる人も多くその分価値が出てくると考えてよいでしょう。安いものでも\50000程度で安定度質の良いものに関しては\300000を超えることも珍しくありません。色自体が白くなっており少しの汚れでも目立ってしまいますので注意が必要になります。
もしこれを着物の買い取りショップに売って売却する場合にはどれぐらいの金額になるかといえば、そのものの状態によって大きく変わってくるでしょう。もし新品の状態で全く着用されていないものならば低下に近い金額になりますが低下の7割から8割ぐらいで買い取ってくれる可能性もあります。実際にそれ以下になることもありますが、どれだけの需要があるかによっても異なるでしょう。もともと夏に着る物よりも冬に着るものも多く扱っているため、季節でいえば冬になる前の段階で売却しておくと若干高く売れる可能性が高くなります。
買い取り職の場合は、家に居ながら売却することもできますので牛首紬を持っているけども外出する時間がない場合には買い取りの店の人に来てもらうのが良いです。出張費用などは無料になっているところがありますので、その、時間がない人にとっては非常に便利になるでしょう。
牛首紬の需要はどれぐらいになってるかといえば、特別人気があるわけではありませんが特定の人に非常に人気があるためこれを販売したらそれなりの金額になります。しかしながら、流通量が多くなると金額の方が下がってきますので、市場の流通などをよく見て判断することが必要です。
牛首の紬は、もともとかなり頑丈につくられているため傷が付いてしまった場合や破けてしまうことはあまりありませんが、それでもタンスの中などに長期間保存しておくと虫に食われているようなこともあります。このような場合には、価格が一気に下がってしまいますので気をつけなければなりません。修復が難しいことから、修復をせずにそのまま販売することになるでしょう。