冠婚葬祭のような改まった場では、普段とは違った礼装を着て出席することになります。そして礼装には正礼装、準礼装、略礼装というように格式で区別されます。女性が結婚式などに着ていく訪問着も、この礼装のひとつで格式としては準礼装に当たります。その由来は、明治期になり西洋文化の取り込みが激しくなりすぎた反動として、日本の伝統的な文化を求める流れとして百貨店がつくったことが始まりです。それが昭和になった一般に浸透して今に至ります。

振り袖の場合には未婚の女性が着るもの、ということになっていますが、こちらの場合には未婚でも既婚でも同じように着ることが出来ます。

では具体的に、訪問着とはどのような着物なのかというと、美しい裾から肩にかけて水の流れるような模様が描かれていることが多いです。その模様は絵羽模様といって反物の状態で描かれるのではなく、着物の形に仮縫いをしてから全体をひとつのキャンバスのように描いていきます。ですから、より模様は広がりがあり、なおかつ統一感を感じさせます。

ですから、販売されるとき。反物ではなく、着物が仮縫いされている状態(仮絵羽)の状態になっています。同じく準礼装に入る付け下げという着物がありますが、そちらは反物に模様がある形になりますから、一部を見てみると模様がぶつ切りになったように見えます。

では色や柄はどのようにして選ぶのかというと、結婚式のように格式を重んじるおめでたい場であれば華やかな柄を、ちょっとした立食パーティーなどであれば派手にしすぎるとかえって浮いてしまうので地味目な色と柄を選んだほうが無難です。

素材についても、かつては柔らかい生地であることが普通でしたが時代とともに色や柄型用になったのと同じく様々な素材を使われることが増えてきました。

礼装では家紋の数というのが重要になってくるのですが、一番格式の高い留め袖の場合には背中、両胸、両袖の外側という五つ紋が入っています。それに準ずる准礼装の訪問着は、背中だけに入れる一つ紋であることが多いです。女性の場合には、入れる家紋について実家の家紋なのか、それとも嫁ぎ先の家紋なのかを考えなければいけません。一般的には、どちらもあり得るというのが正解です。というのもその地方によって家紋の取扱が違うからです。調べてみて、どうすればよいのかわからないようであれば。礼装において家紋のように使われる存在である女紋を使うというやり方もあります。

訪問着はどのようにして着るのかというと、最初に足袋をはきそれから肌襦袢、長襦袢を着ます。それから伊達しめを結んで訪問着を着ます。着物の裾が必ず会うように注意しなければいけません。裾