結城紬は、茨城県結城市を中心とした鬼怒川流域を主な生産の場とする高級絹織物です。
製作はほぼ全ての行程が手作業で行われており、真綿から手でつむいだ撚りのない無撚糸(むねんし)の糸で織り上げられた、独特で素朴な風合いが特徴です。真綿は蚕の繭を柔らかくして広げたもので、空気をたくさん含んでいるため温かさと柔らかさを持つ素材であり、この真綿から人の手で丁寧に糸をつむぎ出す事で、素材の良さを生かした最上級の糸が出来あがります。日本全国の紬の中で、縦糸・横糸の両方に手つむぎ糸を使用しているのは本場結城紬のみとなっており、こういった部分も最高峰の絹織物と呼ばれる所以です。
その製作工程は、ユネスコ無形文化遺産として2010年に登録されています。また、1956年には「糸つむぎ・絣くくり・地機(じばた)織り」の三工程が日本の重要無形文化財として登録されています。

奈良時代、常陸国(現在の茨城県)から朝廷に献上されていた絁(あしぎぬ)と呼ばれる織物があり、それがやがて常陸紬と呼ばれるようになりました。鎌倉時代にはその質素な見た目と丈夫なつくりが武家に広く受け入れられ、室町時代には結城地方を統治していた結城家により、幕府などに献上されていた事から「結城紬」と呼ばれ、その名を広く知られるようになります。商品として流通するようになるのは江戸時代以降で、鬼怒川を経由して江戸の町へと運ばれ人気を博しました。近代以降、技術の改良により絣も織られるようになると女性のおしゃれ着として好まれ、さらに1873年のウィーン万国博覧会に出品された事でその技術の高さが世界的に知られる事となります。

国が重要無形文化財として総合指定した技術は、「糸つむぎ」「絣くくり」「地機織り」の三工程です。「重要無形文化財結城紬」としての商標を得るためには、この三つの条件を満たし、さらに、幅・長さ・打ち込み数・模様ずれなど十六項目の検査に全て合格しなければなりません。一枚の着物を作るには、約30kmもの糸を手でつむぎ、緯糸を3万回以上打ち込む必要があります。

「糸つむぎ」の工程では、「つくし」と呼ばれる道具に真綿を巻き付け、手で撚りをかけずムラのない一定の太さで糸を引き出し「おぼけ」と呼ばれる桶に糸をためていきます。一般的な糸は強い撚りをかけて丈夫に補強されていますが、結城紬の糸は撚りのない無撚糸を使用しており、世界でも例を見ない技法となっています。高度な技術を要する作業であり、数年の修行が必要です。また、一反分の糸量をつむぐのに約2~3ヶ月かかると言われています。

糸つむぎ・管巻き・綛(かせ)あげといった工程の後、特殊な方眼紙を使用した図案が作成されます。一つの図案から作れる反物はわずか4反ほどのため、大量生産はできません。図案に設計されたデザインをもとに、絣くくりを行なう部分に墨で目印を付ける墨付けという作業が行われます。墨付けした部分を綿糸で口と手を使って一つ一つ固く縛ります。これが絣くくりと呼ばれる工程で、複雑で精巧な模様の場合は縛る箇所も増えるため、半年以上の時間を要する場合も少なくありません。
絣くくりされた糸を台にたたきつけ、染料を染み込ませるたたき染めが行なわれた後、糸に小麦粉で糊付けし機織りの際に糸が切れにくくするなどのいくつかの工程を経て、最後に織機に取り付けます。

そして、地機と呼ばれる最も原始的なはた織り機で織り上げられます。労力・時間ともに掛かる製法ですが、はたに張る縦糸を腰当てに結び付けて腰の力で張り具合を調節するため、手つむぎ糸の弾力あるやわらかさを生かし織る時に無理な張力をかけません。

これら全ての工程を含めると、複雑なものでは1年以上かかる場合もあります。その本質的な上質さ・美しさは古来より多くの人々を魅了してきました。